空き家の現状

 
空き家問題は単にその問題にとどまらず、背景に潜む問題はもっと深刻です。

空き家は年々増加傾向にあり、平成25年以降約7戸に1戸が空き家となっています。


 



空き家に対する市町村の取り組みとして、特定空き家等に対する措置が創設されました。





もう一つの空き家発生を抑制する措置として、相続が原因での空き家放置が多いことを受け、
相続した空き家を売却した場合、その譲渡所得から
3000万円を控除するという税の優遇措置が設置されました。

これは平成25年1月2日以降に発生した相続で、平成31年12月31日までにご売却いただいた案件に有効です。

その他にも諸条件がございますので詳細はご相談ください。




 






この特例は他の自己住居用財産を譲渡した場合の
3000万円特別控除で買い替え等による特例措置との併用も可能となっております。



 



国土交通省の調査によると、
空き家に人が住まなくなったきっかけは相続による原因が
52.3%と最も多い結果となっています。

空き家と相続は切っても切れない関係であり、
相続対策には空き家を出さない工夫も必要になってきています。

 
 
       



 

今後の利用意向では賃貸派が36%、売却派が30%となっており、賃貸、売却する上での課題はリフォーム費用が掛かる29%、 設備や建具が古い27%、住宅が傷んでいる25%が最も多くを占めています。




 

報です

国土交通省が動き出しました。

2017年秋から空き家の入居者に最大月4万円の家賃補助、住宅の大家さんには改修費として
最大100万円の補助が出ます。

保証会社への保証料も
最大6万円の補助が出ます。

全国820万戸の空き家の内、賃貸住宅が430万戸。
空き家への対策が大きく動き出します。

このチャンスをぜひ活用しましょう。

 

 

もう一つの空き家発生を抑制する措置として、相続が原因での空き家放置が多いことを受け、相続した空き家を売却した場合、その譲渡所得から3000万円を控除するという税の優遇措置が設置されました。

これは平成25年1月2日以降に発生した相続で、平成31年12月31日までにご売却いただいた案件に有効です。


その他にも諸条件がございますので詳細はご相談ください。

査定・ご相談無料

TEL 048-643-7373
お気軽にお問い合わせください!